正しいシャンプーの選び方とは?ヘアサロンのシャンプーと市販のシャンプー

正しいシャンプーの選び方とは?ヘアサロンのシャンプーと市販のシャンプー

 シャンプーにはそれぞれ種類があり、シャンプーなら何でも同じというわけでありません。
特にシャンプーには値段の格差があります。何千円もするヘアサロンのシャンプーと
数百円という低価格で購入できる市販のシャンプーとでは、どのような違いがあるのでしょうか?

 

シャンプーは毎日使うものなので安心安全ものを使いたいですよね。
様々な種類があるシャンプーですが、今回はヘアサロンのシャンプーと市販のシャンプーの違いをご紹介します。

 

何が違うの?ヘアサロンのシャンプーと市販のシャンプーの違いとは?

ヘアサロンのシャンプーと市販のシャンプーの大きな違い

ヘアサロンのシャンプーと市販のシャンプーの大きな違いには、含まれている成分が関係してきます。市販のシャンプーが低価格な理由は含まれている成分の原価が安いという理由があります。
その反面、ヘアサロンのシャンプーは原価の高い成分が含まれているため高価格になるのです。

 

その2つのシャンプーの大きな違いは、使われている界面活性剤の成分の違いです。

 

成分の違い

 

市販のシャンプー

市販のシャンプーには低価格にするために原価の安い洗浄成分が使われています。主に主成分となっているものは「ラウリル硫酸Na」「ラウリル硫酸カリウム」「ポリオキシエチレンアルキルエーテル硫酸塩」です。上記の洗浄成分はとても強い洗浄力があるので、頭皮の乾燥を招くため使用し続けるには注意が必要です。低下価格でありながら使用感や香りを重視しているため、刺激についてはあまり考慮していません。

 

ヘアサロンのシャンプー

ヘアサロンのシャンプーでは原価は高いですが、低刺激で保湿力のある洗浄成分が使われています。主に主成分となっているのはアミノ酸系洗浄成分です。消費者にとっては高価格ではありますが、市販のシャンプーに比べると髪や地肌に低刺激なので安心して使用し続けることができます。

 

 

高価格なヘアサロンのシャンプーを選ぶメリット

シャンプーにはなるべくお金をかけずに低価格が良いという方もいると思います。ですが、高価格なヘアサロンのシャンプー選ぶにはたくさんのメリットがあるのです。

 

1、保湿力がありながら余分な皮脂汚れをやさしく洗い流してくれる

 

2、洗浄力が強くないので低刺激。頭皮の乾燥などのトラブルがある人にはオススメ。

 

3、コンディショニング成分が含まれているので髪の毛の痛みにも補修効果が期待できる。

 

ヘアサロンのシャンプーにはアミノ酸系の洗浄成分が使われているということと
ヘアケア成分も含まれているということから原価が高くなるので、従って高価格になるのです。

 

あなたがどんなシャンプーを毎日使っているか知っていますか?

 

 あなたが毎日使っているシャンプーには
何が含まれているか知っていますか?

 

ヘアサロンのシャンプーにはアミノ酸系の洗浄成分を使っていますが
ある程度の洗浄力もありながら、低刺激であるため
美容師さんの手荒れを防ぐために作られたのが元々の由来だそうです。

 

市販のシャンプーとヘアサロンのシャンプーの値段の格差は
含まれている成分の違いによって起こります。
値段が安いシャンプーを選ぶのか、値段が高くても良いシャンプーを選ぶのかは
あなたの価値観次第でしょう。

 

 

シリコン入りシャンプーがダメって嘘?本当?

 

 シリコン入りシャンプーやシリコン入りのヘアケア商品が悪者扱いされるように
ノンシリコンのシャンプーが流行しています。
ノンシリコンのシャンプーやノンシリコンのトリートメントなど
色々なヘアケア商品に使われるようになりました。
そんなノンシリコンな商品ですが、本当に髪や頭皮に良いものなのでしょうか?

 

髪や地肌に良いというイメージのノンシリコンですが、意外にも
ヘアサロンで使われている多くのヘアケア商品にはシリコンが含まれているのです。

 

ヘアサロンに行った際にシャンプーやトリートメントの成分を見せてもらいました。
そうするとシャンプーの成分一覧には、ジメチコン、シクロメチコン、メチコンなどどいった
シリコン系の原材料が使われていたのです。ヘアサロンだからといって
髪や地肌に優しい商品を使っているわけではないのです。
このようなケースもあって、シャンプーはノンシリコンだけど
使用しているトリートメントにはシリコンが多く含まれている場合もあります。
ノンシリコンと謳っている商品でも注意が必要です。

 

 

ノンシリコンと書かれてるシャンプーなら何でも大丈夫?というわけではありません。

 

 ノンシリコンなら何でも安全というイメージですが
そういった安全を謳っている商品ほど成分表を確認しましょう。
市販のシャンプーと同じように「ラウレス硫酸」などの洗浄成分が使われている場合もあるので
しっかりチェックしましょう。「ラウレス硫酸」は脂汚れを落とす台所洗剤などに使われるほど
洗浄力が強いため、いくらノンシリコンなシャンプーでも
洗浄成分が強い成分が含まれていては逆効果になることもあります。

 

 

シリコンは悪者ではない!シリコンの質が重要

 

 シリコンにも種類があり、髪の毛や頭皮に蓄積していくタイプと
お湯で落とせる水溶性のタイプがあります。
高価格なヘアサロンのシャンプーには水溶性のシリコンが含まれているため
髪や頭皮に蓄積せず安心して使うことができるのです。

 

自分に合ったシャンプーを選ぼう

 

 毎日使用するものなので、どのようなシャンプーを使うかによって
髪の毛や頭皮の環境は左右されます。
ヘアサロンのシャンプーや市販のシャンプーの
価格や成分に違いを見極めて自分の求める効果にあったシャンプーを選びましょう。
ノンシリコンと謳っているからといって安全とは限らないのと同じように
シリコンが悪者ではない場合もあります。
このように、どのような商品を選ぶのかには、きちんとした知識が必要です。

 

毎日シャンプーしているけどフケやかゆみが気になるといった症状が出ているなら
もしかしたらシャンプーが合っていない可能性があります。
普段何気なく使っているシャンプーやヘアケア商品を見直して
自分にあったものを使いましょう。

 

リマーユシャンプー